ブラック歓迎ソフト闇金

超ブラックでも借りれる金融を紹介しています。長期延滞中でも借りれるお勧め金融が満載!

街金

超ブラックでも借りれるライフティ

投稿日:

ライフティ審査前に読んでおくべき鉄則!キャッシングまでの流れを徹底解説
ライフティ
キャッシング・カードローン業界の中でも高い人気を誇る「ライフティ」。

ライフティは、審査の早さや融資までのスピード感が持ち味で、「少しでも早く融資を受けたい」という方の強い味方だといえます。

しかし、そんなライフティにもメリット・デメリットがあり、全ての方に適しているわけではありません。

また、金貸しの取り扱う商品はそれぞれ似通っているポイントが多く、「どの商品がどう違うのかがわからない…」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

この記事では、お金の専門家がライフティの商品内容について徹底的にご紹介していきます。

ライフティの貸付条件

満足度4.3

審査時間: 最短30分

融資スピード:最短1時間

担保・保証人:不要

ライフティは安全なのか

不安を解消する3つのポイント

「不安だから有名金貸しでお金を借りよう」と思っても、借金は借金。

誰かにバレるかもしれない不安
どんな対応をされるかという恐怖
本当に早く融資をしてくれるのか
と次の一歩に勇気が足りないのでは?
だからこそ、当サイトをご覧いただいているのだと思います。

しかし、安心してください。ライフティは世間のイメージ以上に優良な金貸しです。

ポイント1.在籍確認で誰かにバレる心配なし!
ライフティの在籍確認は、「ライフティ」と名乗らず「個人名」で電話をかけます。プライバシーの保護を最優先して対応してくれるので職場の人にバレることはありません。
ポイント2.ライフティの対応は親身で丁寧!
ライフティの接客対応はとても丁寧で親切です。怖い思いをすることはまずないですし、気になることがあれば丁寧に教えてくれます。
ポイント3.最短即日融資は本当にできる!
ライフティは即日融資可能な商品です。審査にかかる時間は最短30分で、即日での振込融資にも対応!

テレビCMやインターネット広告で目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

しかし、ライフティの名前は知っていても、実際にどのような特徴を持っているのかをご存じない方もいらっしゃると思います。

ライフティの特徴には、下記のようなものがあります。

ライフティの特徴

融資限度額は大口、実質年率20.0%以下
最短審査時間が30分と非常にスムーズな手続き
最短で、即日に融資を受けることも可能
新規申し込みのフリーダイヤルが24時間営業
上記の中で特に注目すべき特徴を2つピックアップして解説します。

ライフティの特徴をより詳しく知りたい方は「ライフティと他社を徹底比較!ライフティの強みから特徴とおすすめな人を徹底解説」を参考にしてみてください。

審査・融資までの素早さ

ライフティの大きな特徴として、「審査・融資スピードの早さ」という点があります。

ライフティの最短審査時間は30分で、申し込み当日の融資も可能です。

公式ホームページ内には、「お急ぎのお客様」というカテゴリが設けられています。このことからもわかるように、手続きのスピード感はライフティの大きな強みだといえるでしょう。

素早い融資スピードはライフティの大きな強みです。

しかし、他社の金貸しも最短審査時間の部分では大きな差がなく、それだけでは決め手に欠けるかもしれません。

も魅力的なライフティですが、当然ながらメリットもあればデメリットも存在しています。

ライフティと他のカードローン・金貸しとの比較
では、先述したプロミス等の大手金貸しに加え、ライフティと他社の銀行カードローンと比較してみましょう。どのような結果になるのでしょうか。

ただし、これらの銀行カードローンには無利息サービスがありません。1~3ヶ月程度の短期融資の場合、無利息サービスを活用することでライフティのほうが利息を抑えられる可能性があります。

また、他社と比較した場合においてもライフティの審査スピードはトップクラスの優秀さです。即日融資が可能なため、お急ぎのかたの強い味方です。

他社にはないライフティ独自のメリットとして、「事業性資金としても利用できる」という部分があります。実は、ライフティで借入した資金の用途は「自由」なのです。

対して他社の場合は、「事業性資金は除く」と記載されている場合が多いです。事業性資金として利用できないのです。この点は小さな違いですが、個人事業主や経営者にとってはありがたいサービスだといえるでしょう。

では、ここからさらに、ライバルである金貸しと比較した場合の結果を解説していきましょう。

金貸しプロミス・アイフルとの違い
ライフティ以外の大手金貸しとしては「プロミス」「アイフル」などがあります。この章では、この2サービスとライフティと比較をしていきます。

金利など主要サービスの比較表
サービス 金利 即日融資 限度額 審査時間 無利息サービス 無料提携ATM ネットキャッシング 自動契約機
ライフティ 3.0%~18.0% ○ 800万円 最短30分 契約日の翌日から30日間 なし ◯ 8:00~22:00
年中無休(年末年始は除く)
プロミス 4.5%~17.8% ○ 500万円 最短30分 初回利用日の翌日から30日間 三井住友銀行ATM無料 ◯ 9:00~22:00
アイフル 3.0%~18.0% ○ 最大800万円 最短30分 契約日の翌日から30日間 なし ◯ 8:00~22:00
上記表を利用し、ライフティと他の金貸しの違いをご説明していきましょう。

違いを比較するポイントは、

融資限度額
無利息サービス
即日融資の条件
返済の仕方、スケジュール
という4つです。

それぞれのポイントに分けてご説明していきましょう。

融資限度額
商品自体の最大借入可能額である「融資限度額」という面では、ライフティが最高800万円までと他社に比べて大きくなっています。
この点でいえば、ライフティは他社よりも幅広く活用しやすいサービスだといえるでしょう。

ただし、ライフティやアイフル、プロミスは金貸しですので、総量規制の対象となります。
したがって、借入できる最大額は「年収の3分の1以内」となりますので、注意してください。

無利息サービス
次に、無利息サービスの利用条件では、ライフティは「契約日の翌日から30日以内」となっています。
これは、アイフルと同一の条件です。

いずれの業者においても、無利息サービスは利息の削減に有効な手段だといえます。

即日融資の条件
ライフティで即日融資を受ける場合、インターネット上で契約を完結することで、より素早く融資を受けることができます。

ライフティのインターネット申込は24時間365日利用可能です。
加えて、平日の日中であれば、指定した口座に即日で振込融資を受けることも可能なのです。

 

返済の仕方、スケジュール
ライフティの返済の仕方は、ATM、振込、インターネット、口座振替のいずれかを利用します。
口座振替以外の返済方法の返済期日は任意指定日となります。

プロミスとの違い
プロミスは三井住友ファイナンシャルグループの金貸しで、貸付残高規模や会員数などをライフティと激しく争っています。

上限金利はプロミスが低い
プロミスの上限金利は17.8%です。それに対して、ライフティの上限金利は18.0%です。

わずか0.2%ではありますが、プロミスの方が金利は低くなっています。

無利息サービスはプロミスが優れている
プロミスは「初回利用日の翌日から」30日間無利息が適用されます。

無利息サービスにおいてはプロミスに軍配が上がります。

提携ATMの手数料でもプロミスがリード
プロミスは三井住友銀行のATMであれば、無料で借入・返済することができます。

ライフティでは残念ながら提携ATM利用時は必ず手数料がかかってしまいます。

提携ATMの手数料においても、プロミスが上回るようです。

アイフルとの違い
アイフルは銀行の傘下に入らずに独自の路線をひた走る金貸しです。

ほとんどのスペックがライフティと同じで、違いを見つけるのが難しいほどです。

メリット
ライフティのメリットを大きく分けると、下記の4つがあります。

メリット
融資までのスピードが早い
フリーダイヤルが24時間体制
カードローン機能付きクレジットカードを取り扱っている
30日間無利息サービスを利用できる
カードローン利用者にとって特にメリットが大きいのは、「カードローン機能付きクレジットカードを取り扱っている」という点でしょう。この点は、ライフティのサービスの中でも決め手になるメリットです。

また、発行されるカードも「ACマスターカード」と表記されており、見た目からもライフティのカードローンとは判断できません。

したがって、「家族にバレたくない」という方でも安心して利用できるでしょう。

ライフティのデメリットを挙げるなら、下記の4つが該当します。

デメリット
金利が高い
総量規制の対象なので、年収の3分の1以内でしか借入できない
ATM手数料が有料
ライフティのデメリットの中で特に注意すべきなのは、「金利の高さ」「総量規制の対象になる」という点です。

ライフティの金利は18.0%に設定されています。キャッシング利用者の多くは100万円以内の融資枠になりますので、上限金利である18.0%が適用されるケースが多いです。

18%という金利は、金貸しの中で突出して高いわけではありません。

しかし、自動車ローンやフリーローンなどと比較すると、非常に高い水準です。

したがって、発生する利息には注意しておく必要があるでしょう。

また、ライフティは金貸しですので「総量規制」の対象となります。

総量規制とは、貸金業法によって定められた、多重債務を防ぐための制度です。

簡単にいえば、総量規制の対象となる金貸しは、「年収の3分の1を超える金額を貸付してはならない」と定められているのです。

したがって、ライフティを利用する場合、年収の3分の1以上を借入することはできません。

加えて、ご自身に収入のない専業主婦も総量規制に該当するため、借入可能額も0円となり、ライフティで借入することはできません。

ライフティ商品の総合評価
このように、ライフティにはメリット・デメリットがあります。

総合的な評価でいえば、商品自体は非常に優秀かつ顧客対応も丁寧で、初めてキャッシングを利用する方でも安心して利用できるでしょう。

その反面、金利が高めの水準ですから、長期利用には適していません。

したがって

「次の給料日までお金を借りたい」
「短期間での完済を計画していて、できる限り便利なキャッシングを利用したい」
という方に適した金貸しだといえます。

ライフティはすぐに借りたい人や便利に使いたい人
にとって魅力あるサービスを提供していることが分かります。

一方で、金利やサービスが他の項目と比較して低めとなっています。

これは、金貸しが貸金業法による制約でサービスや金利に対する差別化を計りにくいためです。

逆に考えると、サービスや金利は他社と差がないということですので、特に問題ないでしょう。

 

「金貸しは金利が高い」と聞いたことのある方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

先述したように、金貸しの金利は全体的に高めの水準となっており、ライフティも例外ではありません。

実際にライフティで適用される可能性の高い金利は、「18%」です。

この18%はライフティの上限金利です。

なぜこのような高い金利が適用されるのでしょうか。

それは、金利と限度額に相関性があるからです。

ライフティは総量規制が適用されますから、年収の3分の1、すなわち、多くの方が100万円以下の限度額が設定されることになり、金利も上限に近い数値になってしまうのです。

しかし、高く見えるライフティの金利でも短期間の借入であれば、無利息サービスを活用することで利息を軽減することも可能です。

このような背景を踏まえ、設定される可能性の高い「金利18%」という水準をもとに、返済シミュレーションを行ってみましょう。

借入期間が長くなるほど利息がかさみ、合計利息額も膨らんでしまう可能性があります。

したがって、ライフティは短期融資の場合にメリットのある商品なのです。

申し込み条件である、「20歳以上70歳未満」に該当していること
家族構成、住宅ローンの有無
年収
職業
勤続年数
他社の借入件数
他社の借入残高
過去の延滞、債務整理の有無
ライフティの審査で特に重要視されるポイントは、「安定した収入があるかどうか」「他社の借入状況」「過去の返済実績」という3つです。これらは、「誠実に返済してくれそうな方かどうか」を判断するための重要なポイントなのです。

簡単なボーダーラインでいえば、勤続年数が短く安定した収入を期待できなかったり、他社の借入残高が年収の3分の1を超えそうだったりと、今後の返済に差し支えそうなケースは、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

ライフティの審査に落ちる人の特徴
ライフティの審査に落ちてしまう人は、どのような特徴を持っているでしょうか?

最も多いケースとして、「他社の借入残高」が年収の3分の1を超えている場合があげられます。

ライフティは金貸しなので、貸金業法の総量規制の対象です。

総量規制とは、年収の3分の1を超えた貸付を禁じるものです。

年収300万円の人がすでに100万円以上の借入があれば、ライフティでは絶対に審査に通りません。

過去に審査に落ちたことがある人は、総量規制に引っかかっていないか確認するようにしてください。

審査に通りやすくするコツ

ライフティの審査を通りやすくするコツは、やはり「総量規制対象の借入件数と残高を減らしておくこと」でしょう。

ライフティの審査は、他社と比較しても難易度がなり高いという基準ではありません。しかしながら、貸金業法の対象業者であることから、「他社の借入件数や借入残高」を必ずチェックしています。したがって、他社の借入件数や残高をあらかじめ減らしておくことで、審査結果も有利になる可能性があります。

 

超ブラックでもお金を借りれるカードローンでキャッシングする方法
インターネットの口コミサイトでは、「超ブラックでも借りれる金貸し」「絶対に借りれるカードローン」と題して、ライフティやプロミス、中小金貸しのアローなどはブラックリストに載っている方でもカードローン審査に通過できると紹介しているWEBサイトが多くあります。

しかし、実際には、ブラックリストに載っている方は、ライフティやプロミス、アローなどのカードローン審査に通過することは絶対にできません。「超ブラックでも絶対に借りれるカードローン」は存在しません。

とはいえ、ブラックになる条件は意外に厳しいので、自分ではブラックと思っていても、実際はブラックでなかったというケースはありえます。本当に超ブラックの場合は、無理に借入先を探すより、「法テラス」に相談して債務整理をすることおすすめします。

ブラックでもカードローン審査に通過できた事例がある理由
インターネットで「ブラックリストに載っているけれど、カードローンでキャッシングできた」という口コミを見たことがある方も多いと思います。

ブラックでもカードローン審査に通過できた事例がある理由は、実は申し込者がブラックリストに登録されていないからです。

カードローンで借入できないブラックリストの方は、下記の項目に該当する方です。

無断でキャッシングの返済を61日以上滞納・遅延・延滞した
無断でカードローンの返済を61日以上滞納・遅延・延滞した
無断でクレジットカード料金の返済を61日以上滞納・遅延・延滞した
数年前に自己破産や任意整理(債務整理)を行った
「金貸しの借金が少し残っている」「カード利用代金の振り込みを数日忘れた」などの理由では、カードローンを利用できないブラックリストになることはありません。

ブラックか不安でカードローンを利用できるか調べるにはJICCで信用情報を開示する
ブラックになっているか不安でカードローンで借入ができるか不安な方には、JICCに自分の信用情報の開示請求をしてみましょう。自分の信用情報を開示は、JICCの公式ホームページでできます。開示するのに手数料が1,000円かかりますが、クレジットカードかコンビニで支払いが可能です。

信用情報を開示してみた結果、返済状況に異動と記載されていた人は超ブラックです。異動はブラック情報として、JICCに一定期間保管されます。

異動情報がある人はカードローンを利用できませんので、申込するのは止めましょう。

JICC公式サイトはこちら
ブラック情報が消えるのに掛かる期間
ブラック情報はずっと残るものではなく、一定期間が経過すると個人信用情報期間から消えます。
ブラック情報が消えるのに掛かる期間は、次の通りです。

ブラック情報 期間
長期延滞 延滞解消日から5年
債務整理 認定日から5年
自己破産 免責されてから最長10年
強制解約・代位弁済 履行されてから5年
自己破産を除いて、問題解消されてから5年でブラック情報は消えます。

ブラック情報が消えれば新たにカードローンを利用できる
ブラック情報が個人信用情報機関から消えれば、新たにカードローンを利用してキャッシングが可能です。
ただし、返済トラブルを起こした金融機関からお金を借りるのは難しいので、まだ利用したことのないカードローンに申し込みすると良いです。

 

WEB完結申込で会社への電話連絡なし
超ブラックの方が債務整理をしてカードローンでお金を借りるまでの流れ
超ブラックの方のなかには、「審査が甘いカードローンならば、発行できるのではないか」と考えている方もいると思います。
しかし、審査が甘いカードローンとはいえ、超ブラックの方が、審査通過できるようなカードローンは存在しません。超ブラックの方にお金を貸すほど世の中は甘くありません。

超ブラックの方は、下記の手順に沿って債務整理をしましょう。

弁護士に相談して自己破産する
安定した収入を得る(定職に就く)
自己破産から10年経過するのを待つ
審査の甘いクレジットカードに申し込む
債務整理(自己破産や任意整理)を終えて現在、安定した収入がある元超ブラックの方であれば、カードローン審査に通過することができます。

弁護士に相談して自己破産する
多額の借金を滞納・遅延している、カードローンの借入金額を滞納して踏み倒しているという超ブラックの方は、弁護士に依頼して自己破産をしましょう。

自己破産とは、弁護士に依頼して法的に債務を免除してもらう手続きです。自己破産をすると、多額の借金を全て無しにできる代わりに、原則としてすべての財産(預貯金,株,土地など)を手放すことになります。(自己破産後の生活資金として20万円以下の預貯金は残せます)

自己破産は最寄りの弁護士事務所で手続きできます。自己破産の債務整理費用は20~30万円と高額です。

しかし、現金のない超ブラックの方は、「民事法律扶助」をすることにより、手元にお金がなくても自己破産を弁護士に依頼できます。
「民事法律扶助」とは、経済的に貧しい人が、弁護士や法律専門家に依頼する費用を払えない場合に、その費用を国や公共団体が一時的に立て替えてくれる制度です。
そのため、現金を持っていない超ブラックの方でも、自己破産をして債務整理をすることは可能です。

ギャンブルで借金を背負った超ブラックの方は、自己破産できないので注意
ギャンブルで借金を背負った超ブラックの方は、自己破産できないので注意しましょう。
破産法252条1項4号には、下記のような記載があります。

破産法252条:裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。
浪費又は賭と博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

破産法252条より一部抜粋

そのため、超ブラックの方でギャンブルや賭博で作った借金がある場合には、完済してから自己破産の手続きを開始しましょう。

定職に付いて安定した収入を得る
カードローンへの申し込みには、安定した収入が必須条件です。
たとえば、大手金貸しライフティの申込条件は「満20歳以上の安定した収入がある方」です。

そのため、自己破産をした超ブラックの方は、定職に付いて、安定した収入を得るようにしましょう。

また、金貸しは、カードローン審査の際に、アルバイトやパート、フリーターなどの収入が低い方よりも、勤続年数が長い会社員や公務員などの高収入の方を優遇します。そのため、自己破産後に再就職する超ブラックの方は、なるべく収入の多い職業に就いて、勤続年数を長くすることをおすすめします。

自己破産者が就けない職業
自己破産をすると、公法上の資格制限を受けます。
公法上の資格制限とは、自己破産手続開始の決定後から免責が決定するまでの期間に一定の職業に付けなくなることです。

たとえば、自己破産中は下記の職業に就くことができないので注意しましょう。

質屋
建築業
警備員
旅行行業者
生命保険員
弁護士や税理士
行政書士や公認会計士……etc
なお、上記の職業はお金の管理や顧客との信頼性が重視される職業であるため、自己破産中の人は就職できません、なお、自己破産が解除されれば、就けるようになります。

自己破産から10年経過するのを待つ
超ブラックの方は、自己破産から10年経過するのを待ってから、カードローンへ申し込むようにしましょう。自己破産の記録は、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に金融事故情報として5~10年の間登録されます。

個人信用情報機関 自己破産者の記録期間
CIC 5年
JICC 5年
KSC 10年
金貸しは、カードローン審査の際に、個人信用情報機関に登録されている信用情報(金融事故歴やクレヒス)などを照会します。
そのため、個人信用情報機関に金融事故歴が登録されると、カードローン審査の際に自己破産中であることが金貸しに知られてしまいます。

審査の甘いカードローンに申し込む
自己破産から10年経過した超ブラックの方は、審査の甘いカードローンに申し込みをしましょう。自己破産明けの超ブラックの方は、ホワイトと呼ばれる状態になり、カードローン審査に通過することが難しくなります。

そのため、審査が甘いカードローンに申し込み審査通過率を上げることをおすすめします。

なお、審査が甘いカードローンは、金貸しが取り扱っているカードローンです。みずほ銀行や三井住友銀行が取り扱っているカードローン商品は、金利が低いため借り入れの審査基準が厳しいです。

審査が甘いカードローンについて詳しく知りたい方は「審査に通りやすいカードローン」のページをご覧ください。

自己破産が原因で会社を解雇されることはない
超ブラックの方の中には、会社に自己破産したことがバレると、仕事を解雇されるのではと思う方もいるでしょう。しかし、自己破産が原因で超ブラックの方が、会社を解雇されることはありません。
自己破産を理由に会社を解雇することは「労働基準法の不当解雇」に当たり、法律で禁止されています。

ただし、弁護士や警備員などは自己破産中の方が就けない職業と決められています。そのため、弁護士や警備員として、働いている超ブラックの方が自己破産すると会社をクビになる可能性が高いです。

質屋は超ブラックの方でも審査なしで借入可能
質屋を利用すれば超ブラックの方でも、審査なしで絶対にお金を借りることができます。
なぜなら、質屋は、個人信用情報機関に加盟していなからです。

通常、金貸しが申し込み者の信用情報を照会するには、個人信用情報機関に開示請求をしなければなりません。
しかし、質屋は個人信用情報機関に登録していないため、申し込み者の信用情報を把握することはできません。

絶対貸してくれる金貸しは危険
「絶対貸してくれる金貸し」と検索すると、「ブラックの方でも100%融資!」「多額の借金が合っても即日融資可能」とWEBサイトでうたっている金貸しがあります。
しかし、こういった広告を打ち出している金貸しは全て闇金なので注意しましょう。

闇金の誇大広告の文言例

「ブラックの方でも100%融資!」「多額の借金が合っても即日融資可能」「絶対に借りれるカードローン」「絶対審査が通るカードローン」「誰でも審査が通る カード ローン」「確実に借りれるカード ローン」「必ず審査が通るカード ローン」「絶対貸してくれる金貸し」「超ブラックでも借りれるカードローン」「絶対借りれるおまとめローン」「審査が通らない人のカードローン」「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」「多重債務でも借りれるカードローン」「総量規制でも借りれる金貸し」「ブラックでも借りれる金貸し」「ブラックリストでも借りれる金貸し」「ブラックでも借りられるキャッシング」「ブラックでも借金ok」

「誰でも審査が通る カード ローン」、「確実に借りれるカード ローン」、「必ず審査が通るカード ローン」のような文言が入っている広告は誇大広告にあたり、貸金業法に違反します。

金貸しは、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。

貸金業法第16条を一部抜粋

正規の金貸しであれば、貸金業法に違反する誇大広告をすることはありません。そのため、誇大広告をしている金貸しは高額な利子でお金を貸し付ける闇金なので絶対に利用しないようにしましょう。

-街金

Copyright© ブラック歓迎ソフト闇金 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.