ブラック歓迎ソフト闇金

超ブラックでも借りれる金融を紹介しています。長期延滞中でも借りれるお勧め金融が満載!

本当にあった闇金伝説

本当にあった闇金伝説

投稿日:

「金貸し」と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。

人によっては、「ヤミ金」などと混同して覚えている方も多いのではないでしょうか。

しかし金貸しはヤミ金と違い、れっきとした正規の消費者金融。国から認可を受けており、テレビでCMを放送しているプロミスやアイフルと基本的には変わりません。

違うのは「審査基準」です。テレビCMをやるような有名な消費者金融と違い、中小消費者金融は基本的に「ブラックでも審査に通る」ほど審査が甘いのです。

そして中には即日融資に対応している金貸しもあり、「借り入れに時間がかからない」、「審査が甘い」という条件を併せ持った金貸しも多いです。

とはいえ金貸しを利用する際は「適当に借りればいい」というわけでもないため、正しく安全に、金貸しから即日融資を受ける際の注意点も抑えておきましょう。

金貸しならブラックでもお金を借りられるのか?金貸しとは?
そもそも金貸しとは、どんな業者を指した言葉なのか。そこから整理していきましょう。

金貸しは俗称で、大手消費者金融よりも規模の小さい「中小消費者金融」を指します。

中小消費者金融は地域に根づいた、その街を中心にした経営が行われることもあり「金貸し」と呼ばれがちなのです。

時折街なかの看板で、「金貸し」の広告を見かけることもあります。

金貸しからの即日融資について詳しい情報はこちら→金貸しでお金を借りたい!即日融資はできる?

ヤミ金=金貸しではない
混同されがちですが、金貸しはヤミ金ではありません。

金貸しは「知名度が低い」「実態がしれない」「なんとなく怪しい」などの理由で、ヤミ金だと思われがちです。

しかし金貸しは正規の消費者金融。金貸しではありません。国から認可を受けており、法律に則ったキャッシング行を営んでいます。

消費者金融=金貸し、覚えておきましょう。

どんな人が金貸しを利用するのか
金貸しでお金を借りるのはどんな人か、それも抑えておきましょう。

普通に考えたら、「プロミスやアイフルなど、大手消費者金融から借りればいいのでは」と思いますよね。

ですが金貸しからお金を借りるのは、それこそプロミスなど、大手消費者金融からお金を借りることができない人のことを指すのです。

また後ほど説明しますが、金貸しの審査基準はとても甘いです。たとえ大手消費者金融の審査に落ちてしまうような人でも、金貸しの審査なら十分クリアの見込みがあるのです。

金貸しを利用するのは、属性が弱く大手消費者金融からお金を借りられない人、というのを覚えておいてください。

金貸しとヤミ金は混同しがち
上でも述べましたが、金貸しとヤミ金は混同しがちですが、まったくの別物です。

正規の貸付を行う金貸しと違法なヤミ金、どのように違うのか、説明します。

ヤミ金の手口
審査なしで即日融資
まず、普通の業者なら申込み後は「審査」がはじまりますが、ヤミ金は審査を行いません。

誰にでもお金を貸すため、「返済能力」を調べる必要がないのです。

「審査なし」と聞くと、いいじゃんと思う方もいるかもしれませんが、正規のルートでお金を貸し付けないということは、それだけ普通じゃない点が多いということです。その時点で、気をつけてください。

法外な金利で利息請求
ヤミ金はそもそも法律を守る気がありませんから、貸金業法で定められた金利のルールも守りません。

正規の消費者金融なら、金利上限法で定められている「20%」のルールを守りますが、ヤミ金は「10日で5割」の利息を請求します。

重要:借りれるためのポイント
絶対ウソの申告をしてはいけません。相手は金貸しのプロです。少しの間違った申告でも否決してしまう金融会社もあります。

要注意

・他社利用件数は過小申告しない
他社の借入れ件数は、個人信用情報によって絶対バレます。自分の借りているところも把握していない自己管理ができていないと評価されます。また、多く申告しても、何か隠し事があるのではないかと怪しまれます。

・年収を多めに申告しない
給料明細や源泉徴収票の提出時に発覚します。副業している場合は合算してもらえる場合もありますので相談してみるといいです。

・短期間で申し込み過ぎない
申し込みの事実は、6ヶ月間情報機関に登録されています。短期間に申し込み過ぎて申込みブラックになってしまっては、せっかくの借りれるところも借りれなくなってしまう可能性があります。

ブラックリスト入りした人でも救いの手を差し伸べてくれる消費者金融が実はたくさんあります。

ここでは、規模は小さいですが親身になって相談に乗ってくれる消費者金融をいくつか紹介しますので、該当する内容によって読み進んで下さい。

延滞・長期延滞中で借りたい場合
延滞、長期延滞中でも、生活費等のお金にに困った時に利用できる便利な制度で10万円までなら借りることができます。

なぜ延滞情報があると審査に通らないのかというと、自社で借りたお金を他社返済分として使われると思われるからです。

正規の貸金業者であれば、たとえ1日の遅れも信用情報登録によって把握していますので、ウソをついてもバレます。

しかし、ここにたどり着いた方、あきらめるのはまだ早いです!

長期延滞中でも借りれる方法と借りれるところ
審査が通るようになるためにやるべきことさえ守れば、借りれる可能性が高くなります。

支払いをせずに放置しっぱなしなのであれば、信用情報機関には延滞情報が残ったままですから、普通は他の消費者金融の利用は困難だと言えますが、ヤミ金に手を出すことだけは避けて下さい。
せっかくこのサイトにたどり着いたのですから、借りれるところや借りれる方法を見つけ出しましょう。
これは金利に直せば、数千%にも登る金利です。

返済が滞ったら取り立て(違法)
当然法外な高い金利設定では、返済できない人も出てきます。

ヤミ金はそんな返済が滞った人に、暴力的な取り立てを行います。

通常取り立ても、貸金業法でしっかりと制限されており、「日中はキャッシング利用者とコンタクトが取れない」など、取り立ては制限されます。

ですがヤミ金はそんなことおかまいなしです。ヤミ金からお金を借りている人の家、職場、はては実家など、あらゆる方法でコンタクトを取りお金をむしり取ろうとします。

一度ヤミ金と関わりを持つと、周りの人も迷惑を受けることを覚悟しておいてください。

金貸しとヤミ金の見分け方
そんな勘違いされることも多いヤミ金と金貸し、

うっかりヤミ金を利用しないためにも、金貸しとヤミ金の見分け方を知りたいですよね。

お教えします。ヤミ金と金貸しの決定的な違いは、「国から登録番号をもらっているか否か」です。

正規の消費者金融は、国に登録することで、国から「登録番号」をもらいます。この登録番号がないということは、正規の消費者金融ではないと思ったほうが良いでしょう。

「ブラック」とはどういう状態か
ブラックでも、審査が甘い業者、消費者金融から即日融資を受けることは可能です。

しかしそれにしても、「ブラック」とは具体的にどういった状態を指すのか。

「ブラック」」についての基本情報をもう一度おさらいしておきましょう。

信用情報に傷がついた状態
簡単にブラックを説明すれば、ブラックとは「信用情報に傷がついた状態」です。

信用情報には、キャッシング申し込み記録から、実際に借り入れた記録、返済記録すべて残ります。

また、クレジットカードを利用した記録まで残るため、個人の持つ「金融商品との関わり方」がすべて残ります。

その記録をみれば、消費者金融は個人がキャッシングやクレジットカードと、どのように関わってきたかすべてわかるということです。

返済遅延記録で「ブラック」になる
過去のキャッシング利用の中で、期日までに返済しなかった記録「返済遅延」の記録があると、消費者金融はその信用情報を「ブラック」と扱います。

返済遅延があるということは、また返済が遅れるリスクを持っているということ。消費者金融から「返済能力が低い」と判断されたとしても、無理ない話ではないでしょうか。

債務整理記録でブラックになる
返済額を減らすための「債務整理手続き」でも、信用情報がブラックになります。

債務整理を行うということは、現時点で返済するだけの「返済能力がない」ということですから、その後も債務整理が審査の足を引っ張ることは言うまでもありません。

キャッシング利用記録だけではブラックにならないが…
キャッシング利用した記録も信用情報に残り、その情報も審査に影響します。

そして、キャッシング利用記録は、「ブラック」な情報として扱われません。問題は、たくさんのキャッシングを同時に利用している場合です。

多くのキャッシングを利用しているということは、その分多くのお金を返さなくてはならないということ。

返済に手一杯になるということは、それだけ返済能力が下がることにほかなりません。

金貸しの最大のメリット「審査が甘い」
大手消費者金融には無い、金貸しだけのメリットはやはり「審査が甘い」ことです。

大手消費者金融も決して審査が厳しいわけではありませんが、金貸しはかなり審査が甘いです。

大手消費者金融とは違う、独自基準でお金を貸し付けます。ですがきちんと、定めた基準で審査を行い、「返済能力」を調べます。きちんと、「返済能力がある」とわかった時のみ、金貸しはお金を貸し付けます。

主に現在の返済能力を審査する
金貸しは、主に「現在の返済能力」に焦点をあてた審査を行います。

大手消費者金融では「信用情報の記録」、つまり主に過去のキャッシング利用履歴ばかり見られることを思うと、どれだけ審査基準が違うのかわかるはず。

現在収入が安定しており、他社借入が常識ないならば、問題なく金貸しの審査に通るはず。

大手消費者金融の審査に落ちるほとんどの人が、この「信用情報」にある記録に起因します。つまり、「過去を見られると弱い」人が多いのです。
ヤミ金、ソフトヤミ金はいずれも、貸金業法に基づいた規定や利息制限法内での貸し付はされておりません。

利息制限法(15%~20%)以上の高い利息を条件に貸し付けを行っています。

通常では借り入れの審査に通らない対象者への融資を行って売り上げを確保しています。

2010年頃を境に増え続けるヤミ金から被害者を守る為に、貸金業法や利息制限法等の法律の整備が行われました。

警察もそれに伴い、取り締まりの強化を行いヤミ金の排除に取り組んできました。

結果、被害にあう人は減少してきます。
ヤミ金との違い
両社ともほとんど変わりはありません。違いがあるとすれば次のような点が上げられます。

1.利息
利息の面で、もちろん通常の消費者金融と同等な利息ではありません、ヤミ金と呼ばれているところに比べてソフトヤミ金は低いと言われています。

調査では4社のソフトヤミ金と呼ばれている業者と接触して、平均週2から3割ですが、ヤミ金といわれているところは様々です。

低くて3割~5割が普通です。元本の倍の利息をつけるところもあります。

2.情報伝達
ヤミ金といわれているところは、ほとんどが携帯からの連絡、いわゆる090金融とも呼ばれているやり方です。

ソフトヤミ金は、固定電話や自社のURLも堂々と表記しています。

そのWebの画面を開くと金利の項目で2、3割の表示で会社概要にはヤミ金とはっきりうたっている所もあります。

3.利息周期
一般的にヤミ金の場合は1週間単位の所がほとんどですが、ソフトヤミ金と呼ばれている所は2週間単位でも受け付けてくれる所もあります

4.初回の支払い
ソフトヤミ金もヤミ金も個人信用機関に加盟していない為に、審査というものは通常の消費者金融のように行われません。

但し、申込件数だけはどんな方法で行っているかはわかりませんが、必ず「結構申し込んでますね」等と言われる事がよくあります。

初回の融資については両方とも同じで、借入額から最初の週の利息を引き、更に手数料を加えて差し引いた金額を振り込んできます。(例えば利息十三で3万円借りた場合、利息9,000円手数料2,000円計11,000円引かれ、手元には19,000円)しか来ません。
しかし国内の経済環境は決して順調ではなく、リーマンショック後の不安定な環境のなか、生活にも影響がでてきます。

法整備がなされる前はお金に困ったら消費者金融で借入が簡単にできていたものが、総量規制という法の整備で、逆に借入が困難になってやむなくヤミ金と再度接触する事になってきます。

ブラックでも審査に通る可能性あり
現在の返済能力に焦点をあてた審査が行われるため、たとえ過去信用情報に傷をつけいている「ブランク」な人でもお金を借りることができるということです。

延滞、長期延滞中で超ブラックでもお金は借りれます!今どの消費者金融に申し込んでも審査に通らないという悲しい思いをしているでしょう。

ヤミ金に手を出す前に、まだ手はあります。延滞中または過去に延滞したといってあきらめる必要はないのです。
もちろんあまりにも派手にブラックな記録を作っていると不利ですが、多少の信用情報ブラックなら、金貸しはお金を貸してくれるはず。即日融資に対応している金貸しなら、もちろん即日融資で。

ブラックでも即日キャッシング可能な業者3選
それでは具体的に、即日融資に対応しており、なおかつ安全にお金を借りることができる金貸しを紹介します。

金貸しから即日融資を受ける際の参考にしてください。
1.JICC・CIC等の信用情報の記録を開示請求する

2.自分が何日遅れているのかを把握する

3.3ヶ月を超える前に利息以上の返済をする・・・約定金額である必要はありません。

※利息以上の入金をしていなければ、次回返済日が過ぎていると自動的に信用情報には登録されています。
逆に言うと、利息以上の入金をしていれば、簡単にいうと信用情報には延滞はしていないという登録になるのです。

4.新たな借り入れをして、今後返済ができるのかをよく考える。少しでも難しいと感じたら、自己破産や債務整理も視野に入れる。
※破産・民事再生・債務整理・調停申立をした方でも審査が通りやすい消費者金融会社はあります。

セントラル
松山に本社を構えるのが、即日融資に対応した金貸し「セントラル」です。

セントラルは大手より小規模な経営を行う金貸しにして、都市部に無人契約機を設置しているのです。

無人契約機を使えば、大手消費者金融の無人契約機と同じくカードを発行して、そのカードを使ってATMから即日融資を受けることができます。

そして金貸しなので、大手消費者金融と比べて審査も甘いという、いいことずくめの金貸しが「セントラル」です。

→セントラルの詳細

アロー
アローも、金貸しに珍しい、「3秒診断」という仮審査システムを備えています。

来店不要で即日融資可能な、すごく利便性の高い金貸しです。

アロー利用者の中には「ブラック」な方も多く、そういった方にもお金を貸し付けた実績があるので、「審査の甘さ」も信頼できます。

→アローの詳細

エニー
エニーは東京都上野に本店を構える金貸し。

エニーから確実に即日融資を受けるためには、本店で店頭融資を受けることです。上野ならアクセスも良いので、実店舗で融資を受けやすいという方も多いのではないでしょうか。

もちろん店頭融資の他、全国への振込融資にも対応しているため、ネットからの申込みで来店不要のキャッシングにも対応しています。

→エニーの詳細

ブラックでも安全に即日キャッシングを受ける方法
金貸しからお金をかりるのは、「ヤミ金利用に定食しかねないリスク」を考えても、様々なリスクと隣合わせです。

「金貸しから即日融資を受けたい」と考えたとしたら、その時点で少し立ち止まって、自分が利用を考えているそのヤミ金の情報を見直してみましょう。

安全な業者か確かめておく
まずは「本当にその金貸しが安全か」、しっかり見直してみることからはじめましょう。

上でも述べたように、登録番号がある金貸しは正規の消費者金融なので安心です。

金貸しの公式サイトをみて、国から登録番号をもらっているかどうか、調べてみてください。

返済計画を立てる
金貸しを利用するということは、すでにキャッシングにずっぽりはまり込んでいる可能性が高いです。

金貸しは審査が甘く、借りること事態は難しくないでしょう。

しかし問題は「返済」です。返済を無事果たさないと、キャッシング利用は終わったことになりません。

借りる前にしっかり、いついつまでにこのお金を返しきるか、という返済計画をあらかじめ立てておくことで、金貸しの利用で返済が滞ることはありません。

大金を借りない
金貸しは借りやすく、優良顧客にはもっと借りてほしいため、利用者に営業をかけてくるでしょう。

しかしくれぐれも「借りすぎ」には気をつけてください。

金貸しは大手消費者金融よりも金利が高く、返済時支払う利息も高額になりがちです。

利用期間が長くなれば、借りるお金も高額になりがち。そしてゆくゆくは、また別の金貸しからお金を借りる…なんてことにもなってしまうかもしれません。

まとめ
いかがだったでしょうか。金貸しから即日融資を受ける、という観点で情報を紹介しました。

金貸しから即日融資を受けるのは、実はそれほど難しくありませんが、金貸しは大手消費者金融よりも「キャッシングの信頼感」という点が弱いため、借り入れには注意が必要です。

ですがそもそも「金貸し=ヤミ金」など、間違った固定観念を持っている人も多いので、まずはそういった誤解を払拭してください。

今密かに話題になっている、ソフトヤミ金という言葉は耳にした事がありますか?

「ソフト」という名前ですが法律できめられた金利以上での貸し付けを行っています。

いま密かに利用者が増えつつある、ソフトヤミ金について私の体験を報告します。

ソフト闇金を利用することがいかに悲しい結末を迎えることになるかを知ってください。

-本当にあった闇金伝説

Copyright© ブラック歓迎ソフト闇金 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.